カテゴリー : 2014年 3月

キャビテーションの後2時間は脂肪が分解

簡単に痩せられるキャビテーションダイエットですが、ひとつだけ気をつけなければならないことがあります。
それは食事との関係です。

キャビテーションは超音波の照射によって脂肪を燃焼させ、ダイエット効果を得る方法です。
そのため、急激に体脂肪が減りますが食事で食べたものの吸収率が高くなることにもつながります。
栄養の吸収率がアップしているので、キャビテーションを受ける30分くらい前から施術後2時間前後くらいまでは食事を摂らないようにするのが良いそうです。

理由として人は食べ物を口にした30分後くらいから体内に吸収されることと、キャビテーションの後2時間は脂肪が分解、吸収されているピークのため。
2時間以上経てば普段と変わらない食事をして大丈夫ですが、キャビテーション後の脂肪や老廃物の排出をより効率良くダイエット効果を実感するためにできれば量とカロリーは控えめにするのが好ましいです。

キャビテーションをしてから3~4日は燃焼された脂肪や老廃物が尿となって体外に排出されます。
この期間は普段より老廃物や脂肪の排出が盛んなため、内臓に優しい食事を心がけると体への負担も軽減されます。
また尿での排出をよりよくするために水分をたくさん取ることもキャビテーションのダイエット効果をさらに高められる方法です。

リバウンドがないというのがキャビテーションの特徴でよくあげられますが、この期間の食事の摂取カロリーなどがどこまで脂肪を排出させるかにも影響するかもしれません。
基礎代謝くらいの摂取カロリーにとどめるのが一番好ましいといわれているようです。

INFO